インタビューを希望する方へ


※イメージ画像 出典:Pexels.com

当サイト『パパカレ』ではインタビューに応じて頂ける方を随時募集しています。

実名・顔写真は不要!
完全匿名で取材も可能です。

全国どこでもお伺いします&謝礼をお支払いします!

以下に簡単なインタビューの流れを記載しております。

インタビュー希望の方は

まずはお問合せフォームよりご連絡下さい。
追って『パパカレ運営委員会』スタッフより返信を差し上げます。
必ずメールアドレスをご記入下さいませ。

アンケートのお願い

インタビューに先立ち、運営委員会よりアンケートをお願いしております。
年齢やお小遣いの額、そしてパパ活・愛人の経験談などをご記入頂き
返信をお願いいたします。

アンケートの内容次第でインタビューをお願いするかどうかの判断をさせて頂きます。

場所によってはスタッフの飛行機やホテルの手配をして…という必要があるため、
インタビューを実施するかどうかは入念に審査させて頂く必要がございます。
アンケートはなるべく詳細に記入をお願いしたいです。

また、コストの問題から海外での取材対応は無理です(*_*;

取材が決まったら

インタビュー敢行が決まりましたら、日時の調整をさせて頂きます。
申し訳ありませんが、取材スタッフの指名はできませんのでご了承下さいませ。

また、何度も申し上げますが取材場所へ行くためにスタッフの飛行機や新幹線などを手配する場合もございます。直前での日時の変更はお受けできない場合があるため、何らかの都合で取材日に対応できない場合はキャンセル扱いとなる可能性が高いです。どうぞご了承下さいませ。
また、基本的に匿名でのインタビューとなりますのでメールアドレス以外のご連絡先等をこちらからお伺いすることはございません。
なのでドタキャンは本当に困ります!絶対にやめてくださいね!( ;∀;)

また、交通費のお支払いはできませんので
スタッフがご指定の場所へお伺いさせて頂きます。

カフェ等を利用する場合、飲食代はスタッフがお支払いさせて頂きますが、
高級フレンチなどはさすがにご遠慮いただければと…。

インタビュー当日

取材時間はおおよそ2~3時間ほどです。
早ければ1時間ほどで終わる場合もございます。
全ての会話を合意の上で録音させて頂き、そこから情報を抽出する形で取材記事を作成させて頂きます。

また、インタビュー記事はユーザーが自由に投稿できる体験談とは違い
『情報の信ぴょう性』を重視しております。
そのため、記事内容を裏付けるなんらかの取材写真をご用意頂きます。
こちらは当日コチラで撮影させて頂いても結構ですし、あらかじめメール等でお送り頂いても結構です。

※取材写真として認められるものの例
・取材当日の全身写真(首から下or顔にモザイク)
・個人所有の複数のブランドものの写真
・個人所有の高級車など
・その他、会話の裏付けとなるもの

※取材写真として認められないものの例
・ネットで拾った写真
・個人所有であることが確認できないブランドものや車などの写真(カタログの写真など)
・取材内容と乖離のあるもの
・その他、各種法令やガイドライン等に違反するもの

この取材写真については事前に細かく打ち合わせをさせて頂きます。

インタビュー後

インタビューを終えましたら、『契約書』へのサイン(仮名OK)を頂き、
謝礼(一律1万円)のお支払いをさせて頂きます。

契約書の内容は
・謝礼支払い後は、よほどの理由がなければ記事公開の差し止めはできませんよ
・記事差し止めの場合は謝礼と交通費の請求をする場合がありますよ
・記事公開によって生じた損害に対して、パパカレ運営側は責任を負いませんよ

という内容をお堅い言葉で書いております。
ちょっと一つずつ解説しますね。

①謝礼支払い後は記事差し止めは不可

まぁ当たり前の話ですけど、後から『やっぱり書かれたくない!ダメ!』と言われても
こちらは相応の経費を払って、そして労力をかけて記事を作っているわけで…

たとえば2時間の会話内容をテープ聞きながら文字に起こして、それを修正して…っていう作業だけでまるまる二日はかかります。
その記事をさらに編集して…という膨大な手間をかけて取材記事は作られています。
また、取材場所への移動でまる一日かかることもありますし、旅費交通費で数万円かかるケースもあります。

想定外の不都合が生じた場合を除き、『やっぱイヤだ!』という気まぐれで記事の差し止めはできません。

書かれたく内容は
・初めから話さない
・ここは使わないでくれと事前に指定する

などの対応を予めお願いいたします。

もちろん、書かないでくれと言われたのにコチラの不手際で書いてしまった場合は、
きちんと修正させて頂きます。
そして記事公開前に完成版の原稿をメールでお送りしますので、その際にも修正はお受けいたします。

②記事差し止めの場合は経費の請求をする場合もあります

これも当たり前といえば当たり前ですが、どーーーしても記事にして欲しくないというのであれば、交通費やお支払いした謝礼の返還を求める場合がございます。
ただパパカレ運営側に不手際があり、それが理由で記事を差し止めする場合はこの限りではありません。

③記事公開によって生じた損害に対してパパカレは責任を負いませんよ

例えばの話ですが

・知り合いにインタビュー記事を見られて自分だとバレてしまった
・それをネットに書かれてしまった
・職場に知られてクビになった
・さらに配偶者にバレて離婚の危機

こうした悪夢が立て続けに起こったとして、パパカレに文句を言われても困ります!

何度も書きますが

・書かれたくない内容は初めから話さない
・隠して欲しい情報はあらかじめ伝えておく

ということを念頭においてインタビューに臨んで頂ければと思います。

また、仮に記事を公開後に削除して欲しいという訴えがあり、
実際に削除対応があったとしてもいったんネットの世界にアップロードされたものは
何らかの形で残る(デジタルタトゥーと言います)可能性があります。

そうしたことも十分に考慮の上、ご応募くださいませ。

記事公開前の流れ

取材記事の作成を終えましたら、原稿をメールにてお送りします。

・ここ書かれたくないから書かないで
・逆に追加でここも書いて
・この言い回し変えて

といった細かい要望は、可能なら対応させて頂きますが、
基本的にお送りした原稿がそのまま記事になると考えて頂いて結構です。
どうしても伏せたい内容があれば、もちろん修正させて頂きますが
なるべく取材前、あるいは取材時にお申し出ください。

記事公開後の流れ

当サイト、『パパカレ』では他メディアからの取材があった場合には積極的に受けていく予定です。
もしかしたらインタビュー記事も、思ってる以上に多くの人の目に触れるかもしれません。

・知り合いに見られても大丈夫
・恋人や配偶者に見られても大丈夫

という前提でインタビューに臨んで頂ければと思います。

皆さまのご応募お待ちしております(*‘∀‘)