20代で未婚の母、シングルマザーの生きる術は風俗、そして愛人契約

ニックネーム
マリナ
パパとの関係
愛人契約
当時の年齢
24歳
当時の職業
風俗業
パパの職業
経営者・自営業
パパの年齢
51-55歳
知り合ったきっかけ
お店
身体の関係
時々あり
デート毎のお小遣い額
50001~100000円

私の経験について、書かせていただきます。

私は未婚の母、いわゆるシングルマザーで24歳のときに男の子を産みました。
それからはやはり、お金で苦労することが多く、仕方なくソープで働いておりました。

当時は東京の吉原にいました。
基本平日の昼間に息子を保育園に預け、出勤していました。

土日は保育園がなく、託児所に預けようにも高かったためです。
土日ぐらいは子供と過ごしてあげたいという気持ちもありました。

平日の昼間に来る方は、夜勤明けの方や、その日がたまたま定休日の方、自営業の方など様々。
社長さんが多かったように思います。

時間と、お金がある方がこの世にたくさんいることに、おどろきました。

ソープでの稼ぎはやはりそれなりにありましたが、心配なのは病気でした。
もちろんゴムをしていますがオーラルセックスで貰うこともあります。

検査はしますが、常に不安はありました。

ちょうどお客さまから愛人契約を持ちかけられたこともあり、特定の人とだけなら時間も浮きますし病気の面でも安心なので、お店を辞めて個人契約をすることになりました。

今現在も当時のパパ2人と続いております。
いとうさんと、ごとうさんです。

ごとうさんは、ずーっと独身の50代。
昔交通事故でおじいちゃんの運転する軽トラに吹っ飛ばされて、未だに後遺症で足が痺れているそうです。

横断歩道上ではねられたために、多額の慰謝料が保険会社から支払われたそうです。
その翌年に、実の母の死。
弟と自分で分けられた多額の遺産。

それで寂しさを紛らわせるために、ソープへ通っていたそうです。

ごとうさんも、私と同じく、病気こわい派なので、しょっちゅう市の無料診断へ通っては、血液検査をしているような人で。ごとうさんもまた、私と同じように、特定の相手を探していたのでした。

いとうさんは、防水屋さんの社長。
月の手取りの給料はゆうに100万を超え、奥さんと3人の娘さんを育てるパパです。

少し見た目はこわい感じですが、話しやすく気さくな方で、矢沢永吉の大ファンです。
たまに時間を合わせて会っては、平城苑の一枚700円近い特上タン塩をおごってくれる、優しい方です。
今年52歳だそうです。

どちらの方とも月1.2回ほど。

ごとうさんはしっかりゴムをつけて、3万円。
いとうさんは、生外だしで、5万円。

これが私の値段です。

それだけではなくプレゼントやら、焼肉、寿司、しゃぶしゃぶ、蟹やら牡蠣やら、食べたいものを食べたいだけ。
ホテル代も払わない。交通費もくれる。

ソープの時とは違い、とてもセレブな気分を味わえています。
いいパパが2人もいて、私は幸せな方だと思います。

1

コメント

  1. 匿名 より:

    1発3万安くね?若くもないシンママならその値段なの?
    自分ならナシかな~